歩行特化型デイサービス

歩行特化型デイサービス

新卒の療法士がデイサービスに就職するのはあり・なし?デイ経営者が思うところ!

510 views
約6分

先日、とあるイベントで知り合ったPT学生がアルモに半日見学にきてくれました!

アバター
代表:中上
その日は実習前だけど、たまたま予定が空いてどうしても行きたかったと!
そうやって自ら動ける行動力が本当にすごい!

アルモ中津・アルモ都島では学生の体験や見学(バイト採用など)も積極的に受け入れており、

デイサービスのことや地域分野・介護事業の話、今後の療法士の働き方などを代表者が直接お伝えしております。

そこでいくつか問いをもらいました!

そのひとつに、

『一番初めの就職先はどこにしたら良いか?』

おそらく多くの療法士学生にとっては当たり前に感じたり、とても疑問に感じる問いではないでしょうか?

そして、もうひとつ

『どれぐらいの経験をしてから地域に出たら良いか?』

ここの考え方なんて人それぞれだし、正解なんてものも、もちろんない!

答えのない問いなのは重々承知の上で、PTとして起業し、デイサービスという地域における介護領域で戦う経営者の視点で少し考えを残しておこうと思います。

いつかこの学生が理学療法士になり、今後のキャリアを考える上での何かの参考になれば幸いです!

新卒療法士の『病院王道説』!

これは自分が理学療法士になった際も、そして様々な働き口がある今でも多くある、

まず初めのキャリアは病院から!という考え方。

自分の結論は、正直どっちでも良いです!

アバター
代表:中上
病院を選ぼうが、地域に行こうが、別の領域に入ろうが、結局大事なことはそこで何を学び、今後何がしたいか!?中で働く個人の行動がまずは大事です!

もちろん明確な目標があっての部分では病院という選択肢はPTのキャリア形成においてはとても大事だと思います。

ざっと例をあげて考えてみると、

などがあり、病院で働くことのメリットは非常に多くあると思います。

だけど、それも病院に入職する個人がいかにその環境の中で、

何を学び、何を得て、どうなりたいか

があっての話!

何も考えず自己研鑽もせず病院で3年過ごしたものと、そこでしか得られない経験や学びを積極的に得ようとして3年過ごしたものでは、その差は歴然だし、病院にいたから全てが網羅できるなんて保証はどこにもありません。

結局何もしない人は、その理由を他責として環境のせいや人のせいにしてるケースが本当に多くあると思います。

だけど、理学・作業療法士になりたての頃などは(自分もそうでしたが)

  • 自分がどうなりたいか?
  • どんな療法士を目指すか?
  • どんな分野で働きたいか?

なんてことが明確な人はほとんどいません!

アバター
代表:中上
今自分がデイサービスを経営してるなんて夢にも思っていませんでした。

そしてそれは働く場所や時期、自分の状況でも刻々と変わることなんてザラにあります。

だからこそ、そこは色々な人の話を聞いたり、色々なところに飛び込むために、

療法士としての可能性を自らの目で見て、自らの足をつかって、自ら頭を使い考えることをお伝えしています。

学生からでも参加できる様々なイベントもあります。

アルモでもそういった横の繋がりを広げるために地域の医療従事者を集めた活動も行っています!

こういった場所で多くの療法士と直接会って話せるような関係を作りたいと思っています。

なので、まずはどういった療法士の将来性があるのか、自分がどうなりたいかを今の状況からでもしっかり探るために行動を起こすことをお勧めします。

アバター
代表:中上
そういった意味でも今回それに対して行動できた学生さんは何か得るものが多かったと思います。
こういった学生を応援したいのが僕個人の想いです!

その上で、経営者としての視点から新卒療法士が『デイサービスなどの地域に出る意味』について考えてみたいと思います。

いつの時期に地域に出るのが良いのか?

自分の考えは早ければ早いほど良い、というのが結論です!

ただこれは弊社に限っての話で、すべてのデイサービス(訪問看護などもしかり)ではそうとは限りません。

弊社のデイサービスにおける療法士の役割の中には、リハビリを実施する上での基礎的な知識、治療介入の組み立て方や効果判定などの能力が必須なのはいうまでもありません。

そしてこれが一番学べる環境は紛れもない病院だと思っています。

その反面、デイサービスにおいて療法士の役割はリハビリ場面以外にも非常に多岐にわたります。

アルモにおいても新卒の療法士だとしても、療法士である以上上記の役割を求めます。

では、これらのことをどのように学べるのか?

それは郷に入れば郷に従え!の言葉の通り、

実際にその場でその状況を体感しながら、多くのことを経験し、目の前の課題を克服しないことには学ぶことができません。

アバター
病院での経験がもちろん活きることもありますが、また病院とは違ったスキルが必要なのが実際です。

そしてそのフィールドに立てる人数にはもちろん限りがあります。

誰にでもそこを経験できる役割を与えられるわけではなく、

ある程度弊社の考えや理念に共感し、そのために行動し続けたものにその座が与えられます!

だからこそ弊社では、そういった地域で活躍できる療法士を育成するために必要な教育体制を作ること

そして療法士が色々なことを経験・チャレンジできるフィールドを作ることを目標としております。

そうなった時に、いち早くその立場に立つためにもより多くのことを実際のデイサービスの現場で経験する方が良いと考えています。

アルモが求める人材

新卒療法士の初めの就職先は病院が良いか?地域に出るにはいつのタイミングが良いか?

おそらく答えなんてありませんし、それを答えにするのは選択した自分次第です!

そしてこれは新卒に限らず、今後地域に出たいと思う既卒の療法士にも言えることで、

そういった意味でも立ち上げ初期などに関われることは、とても大変なことがある反面、

組織と共に成長できるとても貴重な期間だと思っています。

今後は弊社としても、今の半日型の歩行特化デイサービスに関わらず他の事業拡大・展開なども視野にいれていきます。

地域にとって必要とされる会社となるように、まだまだやりたい構想が山ほどあります!

そのためにも今は一つ一つ積み上げていくしなかくて、それは中で働く療法士を初めてしたスタッフたちと共に作り上げ成長していきたいと考えています!

弊社では今後、中核となって働いてくれる療法士を絶賛募集中です。

デイサービス事業だけではなく、今後の会社としての動き方に参画してくれる方是非お待ちしております!

  • 会社理念に賛同してくれる方
  • より専門性を追求したい方
  • 自立支援や介護予防に興味がある方
事業拡大に向けてスタッフ増員予定!
大阪市北区・都島区を盛り上げたい方大歓迎!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
06-6486-9808