歩行特化型デイサービス

歩行特化型デイサービス

デイサービスや地域における長年の課題!本当の意味での顔のみえる連携とは!?

578 views
約4分

デイサービスを運営してみて改めて感じること!

それは地域において実に連携がとにかく取りにくい、もしくはそういった情報があまり出回ってこないということ。

まだまだ療法士の中でも実際にデイサービスに対してどんなことをしてるかというイメージが少ない(もしくはない)方が多数おられます。

最近では各地域でも連絡会なるものがあったりするのですが、やはり定期的な会の開催などの実施には労力も人手も、準備期間なども必要になり年に数回の活動が関の山ではないでしょうか?

これは自分自身も病院勤務時代からずっと感じたことで、同じ利用者さんをみている(もしくは今後みていく)のに、そこの連携が本当にやりにくいし、その手段もよくわかっていない!

リハビリサマリーだけではわからないことはたくさんあるし、もちろん数値的なデータも大事ですが、やはりその方の性格や「人となり」は今後関わっていく上でも「知ってる・知らない」では大きく異なると思います!

最近ではデイにおける情報共有に関してもケアマネジャー発信でグループラインを作ってくれたり、チャットワークやMedical Care Station(MCS:全国の医療介護現場で利用されているコミュニケーションツール)などを使った連携の取り方もあるけど、やはり文章なんかより直接言葉で伝え合う方法も時には必要です。

ありがたくも、今回デイサービスを開設した大阪市北区の地域では、

元職場のPTが開設した訪問看護ステーションや、大学の後輩が管理者を務める訪問看護ステーション、元職場の病院などがあり比較的連携がとりやすい状況ではあるけれど、それでもまだまだやりにくいのが実際です!

アルモと関わりのある各施設

やりにくいと嘆くことはいくらでもできるし、なったらいいなーって妄想することは誰でもできる!

ないなら作ってしまおうが自分のスタイルなので、気軽に顔のみれる連携作りを目指して、

大阪市北区・福島区・都島区を中心した医療介護福祉領域で働く療法士を集めて、ただただ楽しくフットサルをしましょうという会を企画しました。

月1回定期的に開催中

もちろんこういったイベント開催しても、周知してもらうには限界があるし、すぐにたくさんの人が増えるわけではないだろうし、これで連携が図りやすくなるかも未知数。

だけど、コツコツ地道に参加者を集めながら、いつか数年後何かあれば気軽に電話一本で連携がとれる関係性になれば良いなと思いながら、ただ純粋に医療介護福祉で働く皆様の情報交換の場としても、みんなで楽しく運動しようというのが今回の趣旨です。

もちろん参加はどなたでもOKだし、初心者・経験者一切関係なし。

第1回、第2回ともかなりの人数の医療介護福祉従事者の方が集まり、大盛り上がり!

第1回(3月開催)の様子
第2回(4月開催)の様子

是非興味がある方は以下の詳細をご確認の上、今後定期的な情報受け取りとしてグループLINEの登録宜しくお願いいたします。

フットサルイベント詳細

日時:月1回程度で開催予定

時間:19:00〜21:00

場所:セレッソフットサルパーク

住所:大阪市北区大淀中5-12-39

参加人数:30名程度

費用:1000円前後

今後定期的に会は開催予定なので、興味がある方は是非LINEのオープンチャットのご登録宜しくお願いします。

オープンチャット「大阪市医療介護福祉フットサル部」
https://line.me/ti/g2/Jy1dJSk5htZzZfIlEJ3QP0OYsY2RSerW2i9hTg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
06-6486-9808