歩行特化型デイサービス

歩行特化型デイサービス

デイサービスを超えた外出支援の可能性!アルモが実施したカフェ活動とは!?

264 views
約6分

先日色々な方々のサポートを受け、アルモが主催するご利用者様を集めたカフェ企画を実施しました。

デイご利用者様が沢山ご来店!
アバター
代表:中上
当日は10名以上の方がご来店してくださいました!
  • なぜ今回アルモがカフェ事業を企画したのか?
  • 何を目的にこの企画を実施したのか?

そしてこういったことができた背景にデイサービス事業をしたからこそできた活動ではないかと思っています。

今回はアルモが行ったカフェ事業についてお伝えしていきたいと思います!

病院や訪問看護とはまた違った視点

デイサービスを運営して2年!

この2年だけでも、非常に多くのご利用者様と関わることができ、

多くの笑顔をみることができました!

アバター
代表:中上
体験含め400名近い高齢者さんと出会うことができました。

ただ初見で多くの方に共通してたのが、もう「やりがいはないな!」という言葉!

ただ以前の病院や訪問看護で勤めてたころに比べてひとつだけ違ったことは、

病院や家でみる顔とはまた違った顔をみる機会がとても増えた気がしました!

その理由の中に外に出るということの重要性をよく感じることがあります。

デイサービスを運営していて感じた、病院や訪問看護ではできなかった一番の良さが

外にでる機会を作りやすい(能力的にもそれが可能なご利用者様をみる機会が多いということもありますが)ということがあります。

  • デイサービス以外でもこういった機会や時間をつくることができないのか?
  • 他にもご自身で何をしたいといった自発的な行動の中で外に出るきっかけを作れないか?

と色々考えた結果、その一つが旅行支援でした。

しかし、なかなか旅行支援も頻繁にいけるものでもなく、

もちろん会社としても実施しようとすれば大きな障壁がたくさんでてきます。

そういった背景もあり、もうちょっと外にでるために、自分達だからこそできることはないのか?

を考えた中で、外で高齢者の方々が集まれる場所(第3の場所)を作れたら、

もっとご利用者様が自発的に外に行こうとなるのでは?と考えました。

そのきっかけをくれたのが、アルモの元スタッフが始めた間借りをして運営するカフェ事業!

ご利用者様・スタッフが集まる場所に

普段はなかなか家から出ないという方が、

わざわざスマホ片手に他の方々と予定を調整し、

中にはタクシー(それもアプリを)を使いながら、

デイとはまた違った服装(おしゃれ)をして

積極的に外に出ようとするという光景をみることができました。

これを見た時に、自分の中でずっとやりたかったカフェ事業がより湧き上がってきました!

せっかくなら商店街のど真ん中でやりたい!

自分達のデイサービスがあるのが大阪市北区都島区!

ちょうどその中間付近に日本一長い(全長2.6km )の天神橋筋商店街があります!

せっかくならこの商店街の中で、

普段高齢者さんが集まりにくいであろう場所で、

高齢者さんたちがふらっと集まれる場を作りたい!

というのが密かな目標でもありました。

そういったことを公言していると、幸運なことにもそこでカフェをされてる方と出会うことができました!

中崎町でカフェを運営するケアマネさん

普段は別の場所でカフェ経営をされながら、

商店街の中にあるなかにわカフェという福祉関係のことをしているカフェでも数日運営のお手伝いされていました。

ここを使って何かできないか?

ケアマネさんとの共通の話題として自分達が普段関わる高齢者さんたちが思い浮かびました!

本当は高齢者さんにも沢山来てもらいたいが、中々自分達だけでは自発的に外に出にくい!

そもそもあの長い商店街を歩くことや、おしゃれなカフェに入ることもどこか謙遜しがちな方々!

どうすればそこを高齢者さんが集まる場所にできないかを考えた際に、

デイサービスのスタッフ同じデイサービスに来る方々には会いに来ようと家からは出る気持ちはある!

なら自分達アルモのメンバーがお手伝いすることができないか?というのがことのはじまりでした!

ただカフェに来てね!ではおもしろくない

ただ僕達デイサービスのスタッフがいるから、カフェに来てね!

ではなんだかおもしろみがない!

せっかくならデイサービスのご利用者様にも何かカフェに来ることのメリットがないかな?

ということで、そこで高齢者さんが自ら働く場を作ることができたら、

「誰かのために何かをする」=「働く」

というやりがい作りができるのではないかということになりました!

そこでその話を提案したところ、ちょうど人手も少ないからいいんじゃない!

と快くOKをもらえました!

当日、せっかくならカフェ店員として働いてみませんか?

と呼びかけたところ数名の方がやってみたいとのお声が!

そして、わざわざエプロンを持参され、実際に色々なことをお願いすることとても手際の良いこと!

ご利用者様が作られた数々!

まさに自分がやりたかった自立支援外出支援の形がそこで垣間見えることができました!

デイサービスで働くご利用者様がまた別の形で社会貢献をする!

そしてそれをみた高齢者さんが自分もやってみたいとなる!

そうして、自然とその場所が高齢者さんがふらっと集まる場所になる!

そこでそういった高齢者さんに会いに地域の医療従事者があつまる!

そして最終的には、いろんな医療職(療法士や看護師、ケアマネジャーなど)がデイサービス等の介護保険を利用していない方々にも触れる機会が増え、

そこで地域の高齢者さんに対しての『介護予防の取り組み』として

健康に関するアドバイスができる場となれば

高齢者さんにとっての第3の居場所になるのでは?と考えています!

と、そんなことを構想しながら、こういった居場所作りを今後アルモでも実践したいと考えています!

そして今回の取り組みを通してデイサービスのご利用者様がたくさん参加してくれたことはもちろんのこと、

何より一番嬉しかったのが、それを一緒に応援・サポートしたいと、

アルモのスタッフ(非常勤スタッフも含め)が多く参加してくれたこと、

そして別事業所の訪問看護のスタッフさんたちとも出会えたこと!

こうやっていろんな場所で高齢者さんと医療従事者、そしてその他色々な方の交流が生まれる場所作りを

これからも目指していきたいと思います!

だけで、まだまだアルモや自分だけでは力が足りません…

だからこそ、頼れるところはたくさん頼りながら、

その地域でのできることをまだまだたくさんチャレンジしていきます!

ありがたいことに次回も開催させてもらうことに!

5月19日にまたなかにわカフェで高齢者さんと一緒に食事提供にもチャレンジします!

是非皆さまお越しください!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
06-6486-9808